さくら眼科クリニック

〒305-0028 茨城県つくば市妻木1424
診療予約はコチラから
コラム 日々のつれづれ

文字サイズ


LASIKより安全な視力回復法

レーシック手術は安易に受けるのは危険です。

レーシックの問題点は角膜実質を円周状に切開するために角膜強度が著しく落ちることです。
通常の生活では問題ありませんが不慮の事故によって角膜にダメージを受けると失明に近い極端な低下などのトラブルを引き起こす可能性は否定できません。
そんな不慮の事故など早々起こるわけがないかも知れませんがやはり不安は拭えません。

角膜矯正手術のなかには、フラップ(ふた)をつくらない「PRK」という手術があります。
そのほか、「ラセック」や「エピレーシック」という手術では、エピケラトームという医療機器を使用し、
通常のレーシッックと違い、フラップを、角膜上皮と呼ばれる部分に作成します
角膜の上皮細胞は新陳代謝により新しく生まれ変わるため、エピレーシックでは最終的にフラップ自体が消失します。
そのため、眼球に強い衝撃を受けてもフラップがずれるという心配がありません。
角膜上皮は再生しますのでLASIKより安全であるといえるかもしれません。
但し通常のレーシックと違い手術後強い痛みが続き視力が落ち着くまで1ヶ月近くかかります。
その為かあんまりエピレーシックができる設備を持っている病院でも積極的には薦められないようです。

しかしオルソケラトロジーでは、そもそも角膜をけずりません。
角膜矯正手術はどうしても角膜に傷(フラップ)が残り大きな衝撃による角膜の障害について不安が残ります。
オルソレンズではそういった、さらに角膜の強度を高く保つことができるのです。

オルソケラトロジーは、もっとも安全な視力回復法といえます。

一覧へ戻る

診療予約はコチラから

Page Topへ

電話番号 お問い合わせ