さくら眼科クリニック

〒305-0028 茨城県つくば市妻木1424
診療予約はコチラから
コラム 日々のつれづれ

文字サイズ


眼科トピックス

服部匡志先生の著書

さくら眼科クリニックにて白内障手術、硝子体手術を執刀されている服部匡志先生の本が出版されました。

はっちゃんベトナムに行く

書 名:はっちゃんベトナムに行く
副書名:自分さがしの旅
出版社:発行所=アーティストハウス
著 者:服部匡志
価格:1,500円 (税込1,620円)
発行年月:2007年5月
判型:B6
ISBN:9784862340689

服部 匡志(ハットリ タダシ)
1964年大阪生まれ。フリーの眼科医。父親の入院中に心無い医師の言葉がきっかけとなり、「自分が患者の痛みをわかる医者になる」と決意。京都府立医科大学卒業後、日本各地の病院で経験を積む。2002年よりベトナム国立眼科病院で最先端の内視鏡を駆使して網膜剥離や糖尿病網膜症などの治療、指導を始める。その技術は世界トップレベルで誰もが認める凄腕。ベトナムでは報酬をいっさい受け取らず、日本で稼いだアルバイト代で旅費、滞在費、治療費などをまかなっているため、「赤ひげ先生」と呼ばれることも。2004年にアジア失明予防の会(木下茂理事長)が発足し、その活動をサポートしている。2005年に外務大臣より感謝状が贈呈される。2006年に宮沢賢治の「イーハトーブ賞」受賞。2007年にベトナム保健省より「人民保健記念章」を受章
※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです


続きを読む

眼の成人病 ~眼底検査を受けよう~

最近、人間ドックや健康診断で眼底写真を撮るところが増えています。

眼底写真で何がわかるかといいますとまず緑内障、加齢性黄斑変性症、動脈硬化、高血圧、糖尿病性網膜症などがわかります。

しかし経済協力開発機構の統計によると、糖尿病患者に対する眼底検査の実施率は、
日本では37%で、欧米諸国に比較してもまだまだ低い数字だそうです。

正常な眼の眼底写真

緑内障は日本人では40歳以上に17人に1人と大変多い病気です。
しかもその緑内障の内約7割は正常眼圧緑内障と言って眼圧は正常なのです。
よく人間ドックで眼圧を測っているから大丈夫と思っている方がいますがそれは間違いです。
眼圧が正常でも緑内障は否定できません。
やはり眼底写真の検査が重要です。

欧米での中途失明原因の1位である加齢性黄斑変性症も近年日本でも増加しております。
モノを見る中心の黄斑が変性出血を生じ物が歪んで見えたり、暗く見えたりします。
この病気も放置すれば失明する事もあります。
加齢性黄斑変性症もやはり眼底写真で発見することが出来ます。

このように眼底検査は大変めの成人病の発見に役立ちかつ1分もかからない検査です。

眼底検査は、中高年になったら自発的に受けるようにしましょう

続きを読む

加齢黄斑変性症のIPS細胞治験患者の募集開始

加齢黄斑変性症のIPS細胞治験患者の募集開始

理科研はiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、
目の難病「加齢黄斑変性」の患者を治療する世界初の臨床研究について、
参加を希望する患者の募集を8月1日に始めると発表しました。

いよいよ患者さんを募集開始しました。
加齢黄斑変性症の患者様にとっては大変関心のあるところだと思います。
募集する患者は6人で、50歳以上、既存の治療が効かないことなどが条件となるそうです。

ただ当初の目的は安全性の確認が主たる目的になるようですね。

今後の動向に注目ですね。

続きを読む

ルセンティスに新効能が追加

ルセンティスに新効能が追加

加齢黄斑変性症に絶大な効果を発揮しているルセンティスに対して新たに

1. 網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫
2. 病的近視における脈絡膜新生血管

の2つの病気が対象として8月20日から認められました。

上記の疾患に対してもかなりの効果が期待できますので、
適応となる患者様には当院でも積極的にどんどん使用していきます。

続きを読む

慢性C型肝炎、飲み薬で治療可能に

慢性C型肝炎、飲み薬で治療可能に

C型肝炎ウイルス(HCV)の慢性感染に対し、
インターフェロンを用いないで内服薬だけの併用療法の有効性に関する報告がNEJM誌2013年8月15日号に発表された。
ドイツ・ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学メディカルセンターのStefan Zeuzem氏らが行った。
あらたに新規開発中の2剤のC型肝炎治療薬、ファルダプレビル(プロテアーゼ阻害薬)と
デレオブビル(非ヌクレオシド系ポリメラーゼ阻害薬)に関する第2b相無作為化非盲検試験の結果で、
治療終了後12週時点の持続性ウイルス学的著効(SVR)の達成は39~69%であったという。

ケアネットニュースより一部引用 ⇒ http://www.carenet.com/news/journal/carenet/35958

これはすごいことですね。
C型肝炎の治療はいままで大変難しくインターフェロンと内服で治療しますがインターフェロンの注射は長期にわたって続ける必要があり
かつ大変つらい倦怠感、うつ状態などの副作用がありました。
治癒成績も完全ではありませんでしたので。

インターフェロンを使用せずに飲み薬だけで治るようになれば夢の様な進歩です。
今後の研究開発に期待したいですね。

続きを読む

リンゴ、ぶどう、ブルーベリーは糖尿病を予防する

糖尿病になりにくい果物があるそうです。

ハーバード大学公衆衛生学部のIsao Muraki氏らの調べによると

10種の果物につき、約18万8,000人の医療従事者のデータを解析した

ブルーベリー、ブドウ、リンゴは食べれば食べるほど糖尿病になりにくいことがわかった。
しかしそれと同じものをジュースで飲むと逆に糖尿病になりやすくなる事も分かった。

とのことです。
なぜジュースは逆の結果になるのか不明ですね。

個々の果物ではブルーベリーで33%ブドウ・干しブドウで19%リンゴ・洋梨で14%バナナで13%グレープフルーツで12%低下した。

いずれにしてもブルーベリー、ぶどう、りんごは食べれば食べるほど糖尿病を予防するという素晴らしい研究結果が示され、
今後の糖尿病治療の変わっていくことでしょう。

続きを読む

白内障手術が寿命が伸ばす

白内障の手術を受けた患者は、長期的な死亡リスクが40%低い

白内障の手術を受けた患者は、白内障手術を受けていない患者に比べて死亡の確率が低いことが、
オーストラリア、ウエストミードミレニアム研究所のJie Jin Wang氏らの研究で報告された。
白内障により視力が低下した49歳以上の患者354人を対象に5年後と10年後に経過観察した。
その結果、白内障の手術を受けた患者は、手術を受けていない患者に比べ長期的な死亡リスクが40%低いことが判明した
この研究は「Ophthalmology」9月号に掲載された。

視力が低下したまま過ごすと様々な危険回避能力が全体的に低下することが死亡事故などの低下やボケ防止につながっているのでしょうか?
白内障で見えなくなったら放って置かないほうが良いようですね。

ケアネットニュースより一部引用 ⇒ http://www.carenet.com/news/general/hdn/36207

続きを読む

怖い?レーシック難民の実態

レーシック手術は安易に受けるのは危険です。

「レーシック難民を救う会」は角膜にレーザーを照射し視力矯正する「レーシック手術」を受けた後、ドライアイになったり、
痛みなどが残ったりしたと訴える人の団体が24日、消費者庁と厚生労働省を訪れ、
後遺症の実態調査や病院にインフォームドコンセント(十分な説明と同意)を指導するよう要望した。

レーシック手術は安易に受けるのは危険です。
実際上記のように十分な説明も不十分なケースも有り、また問題が起きた時に元に戻せないことが一番怖いことです。
くれぐれも慎重に判断されて下さい。

ケアネット 9日26日より引用

続きを読む
診療予約はコチラから

Page Topへ

電話番号 お問い合わせ