さくら眼科クリニック

〒305-0028 茨城県つくば市妻木1424
診療予約はコチラから
コラム 日々のつれづれ

文字サイズ


硝子体手術

硝子体手術の適応となる疾患

硝子体手術の適応となる疾患

硝子体出血、網膜上膜、黄斑円孔、硝子体混濁、網膜静脈閉塞症などによる黄斑浮腫、網膜剥離、増殖型糖尿病網膜症などです。
放置すれば失明あるいは視力低下する病態を手術により、多くの症例で改善・悪化防止することが可能であります。

続きを読む

当院の網膜硝子体手術のメリット

当院の網膜硝子体手術のメリット

1.日本でトップレベルの硝子体手術が受けられます

網膜硝子体手術を共同で執刀する服部匡志医師は、手術経験が2000例以上の経験豊富な硝子体手術が専門のスペシャリストです。

2.最先端の手術機器で手術を行います

最先端のアルコン社アキュラスを導入しています。
また最新の25G極小切開硝子体手術を可能にしており、内視鏡も装備、従来より痛みの少なく、回復の早い、低侵襲の手術を行っています。

3.日帰り手術である

日帰り手術であれば患者さんのご負担も少なく、手術後はご自宅で落ち着いて療養していただけます。

続きを読む

硝子体手術について

硝子体手術について

硝子体手術について

眼球の中心にある硝子体というゼリー状の組織を除去する硝子体切除術を基本とする手術です。
その他、眼内からレーザーで網膜を凝固する眼内光凝固術、剥がれた網膜を復位したり、
出血を抑えたりするために眼内の水を気体などに交換する硝子体置換術などの手技を組み合わせて行います。
網膜剥離などの術後合併症が発生することもあるため、非常に高度な技術が要求される手術であります。

眼に1ミリの小さな穴を3箇所あけ、1箇所に注入針を固定して還流液を入れ、
残った2箇所から眼内を照らす眼内照明と硝子体カッターを挿入します。
その後、角膜上にのせた特殊なコンタクトレンズを通して、眼内照明の光を頼りに、
硝子体カッターで硝子体を含め出血や増殖膜を細かく切りながら、吸引切除します。
多くの場合、非常に繊細な硝子体鑷子を使用して、
約0.1ミリの網膜上にある0.1ミリ以下の細かな膜組織を除去する大変デリケートな膜除去術を必要とします。

続きを読む
診療予約はコチラから

Page Topへ

電話番号 お問い合わせ