さくら眼科クリニック

〒305-0028 茨城県つくば市妻木1424
診療予約はコチラから
コラム 日々のつれづれ

文字サイズ


緑内障はどんな病気?

緑内障はどんな病気?

緑内障というのは、眼球をボールに例えるとボールに空気をいれ過ぎて内圧を高めた状態に相当します。
そして眼球の内圧、眼圧が高まって、視神経が障害を受ける病気です。

緑内障は網膜の視神経が傷つき,「視野」(物の見える範囲)が次第に狭くなる病気です
最近の調査によると、40歳以上の17人に1人が罹患しているという結果が報告されています(日本緑内障学会 2000年)。

自覚症状がほとんどなく、ジワジワと進む緑内障が発見され、
さらに注目すべき結果は、眼圧が高くなくて、緑内障の所見を持った人が同じくらい発見されたということです。
この所見というのは、視神経の障害で、具体的には眼底の視神経乳頭に認められる凹み(専門用語では視神経陥凹)です。
検査では視野の異常が認められます。

また高齢者ほど緑内障を患う可能性が高くなります
定期的に眼科を受診し,検査と治療を続けていれば,確実に進行を抑えることができる病気です。

発症者の傾向としては、以下の人が罹患しやすいといわれています。

* 強度の近視または遠視

* 家族に緑内障発症者がいる

* 糖尿病にかかっている

視野の異常は進行しないと気付かない

しかし、実際多くの患者さんがかかる慢性緑内障では、瞳の色はもちろん、痛みや充血といった症状が全くなしに進行し、
視力の低下も、病気の最終段階まで現われません。
このため、患者さん自身、なかなか病気であることを認識できず、治療開始が遅れることが多々あります。

さらに、慢性緑内障の唯一の自覚症状は、視野の一部に見えない所ができるというものですが、
ふだんは二つの眼で見ているため、互いの視野でカバーされ、これも意外に気付きません

そのため、緑内障だとわかっているのに不自由はないからと治療を受けない人もいるくらいです。

しかし緑内障は、放置していると少しずつ進行し、最悪の場合は失明に至る病気です
現在では治療法の進歩によって、非常に高い確率で、視覚障害の進行を防ぐことができるようになっています。

しかし、それには「早期に発見し適切な治療を続けていれば」という条件が付きます。

緑内障簡易チェッカーですあくまで参考程度になさってください
緑内障 簡単簡易チェッカー 》 http://www.on.no-ip.biz/ryokunai/

一覧へ戻る

診療予約はコチラから

Page Topへ

電話番号 お問い合わせ